東海中学の国語2014.05.21

今年の東海中学の国語は、試験時間が10分長くなったとはいえ記述の量が

大幅に増え、とまどった受験生も多かったと思います。抜きだし以外に要約

や説明、作文(単なる作文ではありませんが)で400字を超えるので

日頃から書く習慣がないととても太刀打ちできなかったでしょう。

 

当センターでは大手塾に通われている生徒さんが苦手科目の克服のために

利用されることが多いのですが、Sくんもそうでした。

算数、社会、理科は相当学力が高かったのですが、国語がどうにも不安と

のことでした。

指導をスタートした当初は物語文の正解率は50%ほどでした。

そこで、「気持ちを表す言葉」の数を増やすともに、東海中学の過去問は

もちろん、東海中学よりも難易度が高いといわれる中学の過去問の数をこなす

という方針をたてて学習をすすめることにしました。

はじめは慣れない記述で思うように書けなかったのですが、

①問題文の客観的な読み方

②問題が聞いていることにふれている箇所を的確につかむ

ができるようになり、記述内容もぶれがなくなってきました。

 

1月には文章もかなりりっぱなものになり、結果も見事合格でした。

苦手意識のあった国語にあきらめずについてきてくれたSくんのがんばり

は、やればできる!という自信につながったようです。

また、文章を客観的に一定のスピードで読む技術と文章をまとめる力は

これからの学習に大いに役立つことでしょう。

 

 

PAGE TOP

| TOP | 教育理念 | 会社案内 | リクルート | お問い合わせ |

| アルゴクラブ ・ ピーター・フランクル ・ 指導システム ・ 主要教材 ・ 実施要項 ・ ブログ |

| 東海進学教室 | 東海進学教室特設サイト |

| KEC予備校 ・ 指導方針 ・英語 ・数学 |

| KEC予備校 高校受験部 ・ コース案内 ・入会までの流れ | KEC予備校 大学受験部 ・ コース案内 ・入会までの流れ |

| 名古屋家庭教師センター ・ コース案内 ・指導開始までの流れ ・よくあるご質問 ・料金 ・ブログ |